【ネットワーク】ホームゲートウェイ(atermBL1000HW)に外付けHDD(バッファローHD-LC3.0U3BKD)を接続して簡易NASにしてみた。

DSC01074

ホームゲートウェイが新しくなったのでスペックを眺めていたら、USBの規格が3.0になってました。
接続できるHDD容量の制限も無くなったようです。フォォーマット形式がFAT16かFAT32であれば良い。
詳細は、動作確認済みUSB機器一覧(ホームゲートウェイ(BL1000HW/BL900HW/BL902HW)USBストレージ機能)
BL900HWでは、USB2.0で接続できるHDD容量は2TBだった気がします。繋いでアクセスできませんでした。
ファームウェアのアップデートで接続できるHDD容量の制限が無くなったのでしょうか?
BL900HWは返却したので、もう確認はできません。

接続するHDDは、バッファーローのHD-LC3.0U3BKDです。
去年、内蔵HDDに不具合が発生して急遽購入したものです。データのバックアップが取れればいいので、ワゴンセールしていたのを購入。

パソコンに接続して、HDDのフォーマット形式を確認します。
フォーマット形式は、NTFSでした。このまま、接続しても認識しないので、FAT32でフォーマットする必要があります。

フォーマットするとデータは消去されるので、保存されているデータの確認します。
内蔵HDDに元のファイルがあるか確認しました。フォーマットしても大丈夫でしょう。

フォーマット作業。
メーカーのツールを使います。Disk Formatter2 Ver.1.24
FAT32を選択して、フォーマットの実行。

BL1000HWとHD-LC3.0U3BKDを接続します。

パソコンから、BL1000HWにアクセスできれば完了です。
詳細は、「AtermBL1000HW 機能詳細ガイド:USBストレージファイル共有機能」を参照してください。

パソコンから、簡易NASにアクセスしてファイルを書き込んでみます。問題なく読み書くできるようです。
ベンチマークを実行してみましょう。
NAS01

こちらは、PCと直結した結果。
NAS02PC-HDD

数値を見る限り、ネットワークがボトルネックになっていますね。HDDの転送速度は、1Gbpsのネット回線より速いってことです。
今まで気にしていませんでしたが、1Gbps=128MB/sなので、HDDの速さを活かせていないってことになりますね。
でも、この速度があれば、ネットワーク経由で音楽や動画の再生には影響ないです。

ちょっと、気になったので、USBの転送速度を調べてみました。
・USB2.0:480Mbps(60MB/s)
・USB3.0:5Gbps(640MB/s)
・USB3.1:10Gbps(1280MB/S)

10Gネットワークの速度があれば、ほぼストレージ製品のボトルネックはないのかな?とか考えてしまいますが、1Gネットワークでも不便はないですけどね。
動画編集とか、高性能カメラで写真を撮るなどの趣味がないと不便は感じなさそう。

BL1000HWの簡易NASは十分使えますね。USB3.0ポートも2個あるので、もう1台ストレージを繋げます。