【家電】備長炭 炭炊釜の三菱炊飯器NJ-VV106-Wでご飯を炊く。噂の「芳潤炊き」に感動する。

 ネットでの口コミで、この炊飯器の「芳潤炊き」がおしいと。
さぁ、確認しましょう。
お米を研いで、炊飯器にセットします。
 2合を炊こうと思ったら、0.5合弱程の量が残る。そろそろ無くなるので、買っておいたお米は「今年の新米」である。
新米と合わせたくないなぁ~。ってことでまとめて炊くことに。
2.5合弱の水位。
DSC00493

蓋を閉めて、メニューで芳潤炊きを選択。
【炊飯】ボタンを押したら、「73分後にできあがり」と表示されました。
DSC00494

73分後。お米がたっていますね。表面もツヤツヤで美味しそう。
(この画像では、ストロボ光の影響で黄色く写ってちょっと残念。綺麗に撮れるコツが知りたい)
DSC00499

 茶碗によそってみました。
DSC00502

おしいですね。芳潤炊きでのお米の硬さはちょうどよい。
お米の甘さが引き立って、昨日まで食べていたお米と同じものか?と思うぐらい。
文章でうまく表現できないのが、もどかしい。

どうしましょ?最近お腹まわりが気になっていて、夕食での御飯の量を減らしているんですが。
ご飯をおもいっきり食べたくなる。

 三菱炊飯器NJ-VV106-W、買って満足ですね。まだ他の炊き方を試していませんが。
これから、新米の季節ですしね。炊き込みご飯やすし飯も炊いてみたい。

炊飯器が変わるだけで、これほど違いがでるんですね。
コーティングの剥がれた内釜を使って、炊きむらのでていたご飯は食べていたのはとっても馬鹿ですね。
内釜が「本炭釜」の炊飯器で炊いたご飯も食べてみたい。